口頭発表

松岡グループ

  1. 岩渕 圭太,佐藤 仁,溝手 竜, 安井 雄一郎,藤澤 克樹,松岡 聡, 不揮発性メモリを考慮したHybrid-BFSアルゴリズムの省メモリ化, 第143回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Mar 2014
  2. 三浦 信一, 滝澤 真一朗, 松岡 聡, 棟朝 雅晴, 實本 英之, 小林 泰三,” HPCI先端ソフトウェア運用基盤の構築と運用”, 第143回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2014-HPC-143(30), Mar 2014
  3. Jin Guanghao,Endo Toshio,Matsuoka Satoshi, “Multi-level Temporal Blocking for Stencil Computation for Memory Hierarchy on TSUBAME2.5”, 第143回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Mar 2014
  4.  遠藤 敏夫,額田 彰,松岡 聡.“ウルトラグリーンスパコンTSUBAME2.5/TSUBAME-KFC”, 大学ICT推進協議会2013年度年次大会講演論文集, T5G-4, 2013年12月
  5.  遠藤 敏夫,額田 彰,松岡 聡. ” TSUBAME-KFC: 液浸冷却を用いたウルトラグリーンスパコン研究設備”, ハイパフォーマンスコンピューティングとアーキテクチャの評価に関する北海道ワークショップ(HOKKE), 情報処理学会研究報告, 2012-ARC-199/HPC-142, 2013年12月
  6.  佐藤仁, 松岡聡 “Extreme Big Data時代に向けたTSUBAMEスーパーコンピュータ上での取り組み”, AXIES大学ICT推進協議会 (AXIES2013), 幕張, 2013年12月(accepted to be published)
  7.  Chih-Song Kuo,Akihiro Nomura,Satoshi Matsuoka, Aamer Shah,Felix Wolf, Ilya Zhukov, “Environment Matters: How Competition for I/O among Applications Degrades their Performance”, IPSJ SIG Technical Reports 2013-ARC-199 2013-HPC-142 (HOKKE-21), Hokkaido, Nov 2013 (in print)  (unpublished)
  8.  Aleksandr Drozd, Satoshi Matsuoka. “MSD Radix String Sort on GPU: Longer Keys, Shorter Alphabets, IPSJ SIG Technical Reports 2013-ARC-199 2013-HPC-142 (HOKKE-21), Hokkaido, Nov 2013 (unpublished)
  9.  松岡聡、佐藤賢斗、遠藤 敏夫「エクサスケールスパコンに向けた耐故障性の評価― TSUBAME2.0を例にして ―」、情報処理学会研究報告 HPC-141、2013年10月

建部グループ

  1.  Hiroki Ohtsuji, Osamu Tatebe, Optimized Communication Layer for Exa-scale Storage Systems, PRAGMA Students Workshop, Beijing, October 16, 2013
  2. Li Xieming, Osamu Tatebe, Design of Data-Aware Scheduler, PRAGMA Students Workshop, October 16, 2013
  3. Fuyumasa Takatsu, Kohei Hiraga, and Osamu Tatebe, Object Storage for High Speed Storage Device, PRAGMA Students Workshop, October 16, 2013
  4. Hiroki Ohtsuji, Osamu Tatebe, High-throughput Remote File Access for Exa-scale Storage Systems, IWCST2013, Hangzhou, October 26, 2013
  5. 大辻弘貴,建部修見,分散ストレージシステムに対する低オーバヘッド冗長化書き込み手法の提案と評価,情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,札幌,2013年12月16日
  6. 鷹津冬将, 平賀弘平, 建部修見,不揮発性デバイス向けのObject Storageの実装と評価,情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,2014年3月3日
  7.   田中昌宏,建部修見,ワークフローシステムPwrakeにおけるI/O性能を考慮したタスクスケジューリング,情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,2014年3月3日

鯉渕グループ

  1. 河野 隆太, 藤原 一毅,松谷 宏紀,天野 英晴,鯉渕 道紘, 光サーキットの補助的利用による高いトポロジ内包性を持つHPCインターコネクト,電子情報通信学会技術研究報告CPSY2013-111, pp.253-258,石垣島,  2014年3月15日

秋山グループ

  1.  鈴木脩司, 石田貴士, 秋山泰, “データベースの部分文字列クラスタリングによるアミノ酸配列相同性検索の高速化”, 情処研報, 情報処理学会, 2013-BIO-34(14) pp.1-7, 2013
  2. 渡部翔, 鈴木脩司, 石田貴士, 秋山泰, “GPGPUを用いた高速な配列相同性検索の圧縮アミノ酸によるアルゴリズム改良”, 情処研報, 情報処理学会, 2013-BIO-36(14) pp.1-7, 2013

鈴村グループ

三好グループ